smart-PR

地区防災計画学会 第4回大会

2018年3月3日(土)  10:00 ~ 18:30

1 目 的
高知では、南海トラフ地震等に備え、事前復興の概念を地区防災計画に盛り込む等住民主体の特徴のある取組が実施されています。2018年は、下士から上士へのボトムアップによる突き上げが大きな原動力となった「明治維新150年」に当たりますが、この記念すべき年に明治維新の中心地である高知で、同じボトムアップ型で防災界の革新的な取組である地区防災計画に関する地区防災計画学会第4回大会を開催することとしました。本大会は、高知の皆様の御協力をいただき、学会の会員だけでなく、住民の方々や地元の大学・行政関係者とも連携して、実行委員会形式で開催し、地域防災力強化の在り方について議論を行います。
2 日 時
平成30年3月3日(土)10~18時半(終了後、意見交換会(懇親会))
3 主 催
地区防災計画学会
4 協 力
高知市、下知地区減災連絡会、高知県立大学災害看護グローバルリーダー養成プログラム、高知大学防災推進センター、情報通信学会災害情報法研究会
5 後 援
高知県、黒潮町、高知市自主防災組織連絡協議会、江頭ホスピタリティ事業振興財団
※協力・後援は予定
6 場 所
高知県立大学永国寺キャンパス教育研究棟
(780-8515 高知市永国寺町2番22号 高知駅からタクシーで5分)
7 参加費
無料(ただし、製本した資料代は別)

②トークセッション:
黒潮町と高知市下知地区における多くの住民が参加する仕組みづくり

大谷清水(黒潮町坂折地区自主防災会会長)、坂本あや(黒潮町芝地区自主防災会役員)
西村健一(下知地区減災連絡会副会長)、松本志帆子(下知地域内連携協議会理事)
徳廣誠司(黒潮町情報防災課長)、山中晶一(高知市地域防災推進課係長)、鍵屋一(跡見学園女子大学教授)
③シンポジウム:
地区防災計画の現状と課題

室﨑益輝(神戸大学名誉教授・地区防災計画学会会長)、矢守克也(京都大学教授)
加藤孝明(東京大学准教授)、磯打千雅子(香川大学准教授)、西澤雅道(福岡大学准教授)ほか
④大会記念エクスカーション:
3月4日(日)9:00~12:00

下知地区防災フィールドワーク&坂本龍馬見学スペシャルツアー※県立龍馬記念館学芸員解説
関連ウェブ:
メール:
会場アクセスURL:

投稿者

地区防災計画学会

コメント

Facebookコメント

このページのトップへ